スタッフの紹介

看護師と理学療法士による訪問看護ステーションです。
経験豊富な看護師・理学療法士がご自宅へ訪問し、療養や生活のサポートをいたします。

所長・看護師 棚瀬裕子  
・皮膚・排泄ケア認定看護師(2007年〜)
・特定行為研修修了(2022年 創傷管理関連、栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連)
・看護マネジメント学修士
大切にしている看護:創傷ケア、褥瘡ケア、ストーマがある方のケア

副所長・看護師  
・緩和ケア認定看護師(2008年〜)
・リンパ浮腫療法士(2013年〜)
・ELNEC-Jコアカリキュラム指導者(2008年〜)
大切にしている看護:がん緩和ケア、むくみのケア、エンゼルケア

看護師
大切にしている看護:ご利用者さんの生き方、日常生活を大切にした看護

看護師
・認定リンパ浮腫セラピスト
大切にしている看護:

サポート看護師
・緩和ケア認定看護師(2008年〜)
・リンパ浮腫療法士
・HCPSアロマセラピスト
大切にしている看護:がん治療期からの緩和ケア、意思決定支援、浮腫ケア

理学療法士
・3学会合同呼吸療法認定士

事務職
医療事務・介護事務
「ご利用者様やご家族の思いに寄り添えたらと思っています。 なにか不安なこと、わからないことがあればご連絡ください。」

代表取締役社長 平川悟
 身内や友人知人たちと訪問看護ステーションを立ち上げるため2019年夏から準備し、株式会社を設立して社長となりましたが、普段は私立中高の教員として働いております。
以前は体の悪いところを治すのが医療だと思っていましたが、ステーションの開業準備や運営に関わるようになり、患者さんや家族を支えるための医療、病院とは違う看護があることを知りました。ステーションでは日々ベテラン看護師たちの知見と技術、看護の奥深さや多様性を目の当たりにしております。
 コロナ禍において、看護・介護においては在宅が果たす役割も大きく、責任とやりがいを感じております。
 
所長・副所長・社長がラグビーファンで、W杯 日本開催を楽しみにしていたので、会社名は株式会社 ONE TEAMとなりました。
ステーション名の「タック」はスウェーデン語で「ありがとう」の意味です